2009年09月28日

加太の写真・動画

9月も末になり、今年も残すところあと3ヶ月ですね(驚きです)。

生活や仕事に日々追われていると、
過ぎ去る季節をほとんど体感せずに、
振り返るだけになってしましいます。

限りある人生で迎える季節、
そう思うと、すこし立ち止まる余裕が出てきました(笑)



今日は加太の風景写真や動画を観ていただけたらと思います。

グーグル・マップを見ていると、地図上の土地土地に画像が表示されることがあります。

map200909.gif
こちらから地図が見られます。


これらの写真は、一般の方々が紹介してくれているものです。
とても綺麗に撮影してくれています。

map200909b.gif
こちらから地図が見られます。


map200909c.gif
こちらから地図が見られます。


動画(加太国民休暇村の動画)もあります。
ぜひご覧下さいね!


こちらから地図が見られます。


posted by なかむらきよふみ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

八月のある日

みなさま、こんにちは!
お盆も過ぎましたがいかがお過ごしでしょうか?
まだまだ日中は暑いですが、
朝晩の風に少し秋らしい
涼しさを少し感じられるようになった気がします。

この夏は梅雨が長引いて、本格的な夏の日というのが
少なかったですね。

加太の海岸も、人影がまばらな日も見受けられました。
最近撮った写真を何枚か載せておきます。
この日もあいにくの曇り空でした。
晴れの日は、とても人が多くて、田舎の夏を感じられます。

加太は、その季節季節によって色々な顔を持っている
魅力的な場所なので、ぜひドライブにでも来てみてください!


2009081900.jpg


2009081901.jpg


2009081902.jpg

posted by なかむらきよふみ at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

やまもも

本格的な夏が来たのかと思えば、
梅雨空に戻ったりする今日この頃ですが、
皆様お元気にお過ごしでしょうか?

少し前のことになりますが、
「やまもも」の実を採りました。

ここのやまももは、2年ごとに豊作となり、
今年は実が少なく、数十個しか採れませんでした。


yamamomo200907.jpg


たくさん取れたら「やまももジュース」や「やまもも酒」に
しようと考えていたのですが、来年におあずけです。

過去にジュースを作ったときの記事は
こちらに載せています!------> クリック
posted by なかむらきよふみ at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

和歌山市加太の「かもめ食堂」

こんにちは!

いつもご覧いただきありがとうございます。
本日は、こちら和歌山市加太にある、ある素晴らしお店をこっそりとご紹介します。


タイトルには「かもめ食堂」と書きましたが、本当のお店の名前は、「かもめ寿司」といいます。


IMGP2120.JPG


寿司といっても、寿司屋さんの雰囲気ではなく、むしろ趣のある「食堂」といった感じです。



ここの名物は、近所の漁港で獲れた魚料理です。
漁師さんの売れ残った魚介類をお手ごろで仕入れ、料理として出してくれます。


注文のときは「人数」を言うだけ。
「二人です」というと、店のおじさんが厨房に静かに入っていって、おもむろに料理をし始めます。


IMGP2110.JPG


かれこれ待つこと30分。とても良いにおいがしてきます。


メインの魚が1品。
そして魚の味噌汁とゴハンとタクアン。
シンプルなのに非常に美味しいです。


IMGP2113.JPG

IMGP2114.JPG

IMGP2115.JPG

IMGP2116.JPG


味噌汁は二人分なのに、大きな鍋で持ってきてくれました。
4杯くらいお替りしました。

タクアンも昔ながらの「臭い」味です。
これがとても懐かしい。


非常に満腹になって、一人たったの1000円です。


IMGP2118.JPG


このお店は、加太の日常に完全に溶け込んでいて、
それが返って、訪れる人に非日常感覚を思い起こさせるような気がします。例えるなら、田舎の実家に10年ぶりに帰ってきたような感覚です。


それではまた・・・
posted by なかむらきよふみ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

野いちごジャム作り  加太自然の郷

今年も野いちごが採れる季節になりました。
ここ和歌山市加太でも、野山の中には野いちごがなっています。

場所にもよると思いますが、今年は周りの雑草の背丈が伸び、
日光が当たりにくかったのか、野いちごの数は少なかったです。

でも、一つ一つの粒がとても大きく成長していました。
あまり数は採れませんでしたが、5月の自然の甘酸っぱい味を
堪能できました。

野いちごジャムの色が鮮やかで、見た目も楽しむことができました。
毎年、このように自然の恵みを頂けることに感謝感謝です!

来月は「やまもも」が採れます!
みなさんも加太にきてみませんか?
素敵な別荘も建っているので、どうぞ遊びに来てください!


IMGP2141.JPG

IMGP2142.JPG

IMGP2143.JPG

IMGP2145.JPG

IMGP2146.JPG

IMGP2147.JPG

IMGP2148.JPG

IMGP2149.JPG

IMGP2150.JPG

IMGP2155.JPG
posted by なかむらきよふみ at 18:51| Comment(0) | 山の幸/山や畑での出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

桜満開 和歌山市加太

和歌山の加太にも桜の季節がやってきました。
海に非常に近い山に点在する桜ですが、
毎年綺麗な花を咲かせます。

今年も写真を撮りました。
撮影の日の天気があいにくの雨模様だったのですが
雨の日の桜も風情がありますので載せておこうと思います。

今週末(4/11,12)もまだ咲いていると思いますので、
ぜひ見に来てくださいね。
今週は暖かいポカポカの日が続いているので、
花がもってくれるといいのですが!


200904aa.gif

200904bb.gif

向こうの白い部分は「海」です。
天気良い日は青い太平洋が見えます。
(モアレで縞模様に見えているかもしれません)

200904cc.gif

200904dd.gif

200904ee.gif

200904ff.gif

本物はもっと綺麗です。
遊びに来てください!



加太自然の郷リンクです



posted by なかむらきよふみ at 20:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

加太に来てみませんか?

春と言えば桜を思い出します。
「今年ももう桜の季節やね」という挨拶が多くなります。


思えば、人生のうちに桜が見られるのは、
数えるぐらいしかないということに気付くと、
少し神妙に気分になり、感慨にふけり、


今年も一度は満開の桜を見ておかないと、となります。
あわよくば花見でもしたいと思います。


加太では花見もできますが、海を背景に
桜吹雪が舞う姿を見ることができます。


春のキラキラとした海面と桜の花々の組み合わせ。
これは人生でもそんなに見ることができない光景です。


和歌山市加太には、大阪市内から車で高速を使い
約1時間40分ほどで来れます。


休日の日のドライブがてらに、
桜を見にきてみませんか?
癒されること間違いなしです。


map01.JPG
posted by なかむらきよふみ at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

夜磯(後編) ひじき採り・ひじきゴハン

本日は和歌山市加太の夜磯で採った「生ひじき」の料理の様子をご紹介します。

ひじきは乾燥したものや、いわゆる「生ひじき」も売っていますが、
海で採れた本当の生(なま)のひじきは、あまり見る機会がないと思います。
(泥をとるのが大変でした)

20090228a.JPG

ベテラン主婦の方に調理方法を尋ねても「やったことがない」とのことでしたので、ネットで色々調べながら調理してみました。

加太の方に聞いてみると、「5時間くらい煮ないと堅くて食べられない」とのことでした。
下の写真は採ったばかりのひじきです。濃い緑色をしています。
このまま食べると「がりがり」して塩っぽく美味しくないです。

20090228b.JPG

まずは沸騰したお湯に入れます。
瞬間に鮮やかな緑に変化します。

20090228c.JPG

コトコトと煮ますが、なかなか軟らかくなりません。
見慣れたひじきの色は黒くてシンナリしているので、
「本当にできるのかな?」と心配になります。

しかし、1時間くらい煮ると「茶色」に変化してきました。

20090228d1.JPG

ここでお湯を変えます。お湯は茶色に変色していました。
改めて沸騰したお湯で煮始めました。
下は1時間後のひじきです。

20090228d22.JPG

さらに煮ること1時間。色はだんだん黒になってきました。
味見すると、軟らかくなっていたので、ここで煮るのをやめました。

20090228d3.JPG

ひじきゴハンを作ってみました。
ゴハンに磯の香りが漂い、栄養もあるし、最高に美味しかったです。

20090228e.JPG

ひじきの煮物も作りました。

20090228f.JPG

ひじきの太さと味が市販のものと全然違います。
プリプリしていて、シャキッとした歯ごたえで、食べ応えのあるヒジキです。
家族の者も「これは美味しい!」と絶賛でした。


自分の手で採って、試行錯誤して料理して食べることで、
心も体も豊かになれました。皆さんも是非とも加太に来て自然の味を堪能してみて下さい。


お気軽に遊びに来てくださいね。
大阪市内からでも車で1時間半くらいで来られます!


加太自然の郷リンクです
posted by なかむらきよふみ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

夜磯(前編) わかめ採り ひじき採り

1年で一番寒い2月ですが、ここのところ暖かい日が多いようなきがします。

この海辺の別荘地(田舎暮らしに最適の高台です)でも、
寒く感じない日もあります。

さて、そんな暖かい日に、夜磯(よいそ)、つまり夜の磯に出かけました。
ちょうど先日は夜の遅いときに潮が引き、そのときを狙って
普段は海中深くにある「わかめ」や「ひじき」を採りに行きます。

2009021401.JPG

夜の海は真っ暗ですので、懐中電灯を持って行きます。
海に入るといっても、「ひざ下」くらいまでしか入りませんので、
長靴でも十分です。

暖かい夜だったのですが、ただ濡れる冷たいので、防水はしっかりしたほうがいいです。
手袋も忘れないようにしなければなりません。

2009021402.JPG

あちこちにワカメが生えています。
ワカメは3月ころが旬なので、この時期はまだ小ぶりです。
写真のように岩に生えています。
これを「カマ」で刈っていきます。

2009021403.JPG

こちらは「ひじき」です。
ひじきは実際に食べている形と見た目が違いますが、
このような状態で生えています。
根っこは残しておいて(砂が多いから)、先端のほうを
もぎ取ります。

2009021404.JPG

1時間ほどで、これだけのワカメとひじきを採りました。
採りすぎると重くて持って帰れないので、ほどほどにします。

2009021405.JPG

2009021406.JPG

家に持って帰って洗いました。
茎も軟らかいです。

2009021407.JPG

これは「わかめシャブシャブ」しかありません。

2009021407c.JPG

煮立った鍋にさっと通します。

2009021409.JPG

鮮やかな緑に変わります。
ほんの少し湯を通したら、「わさび醤油」や「ポン酢」で頂きます。

2009021410.JPG

ワカメは、はっきり言って、市販されているものとは
比べ物にならないくらい美味です!!!
まるで刺身でも食べているかのようなボリュームとやわらかさ磯の香りです。

普通は流れてくるワカメを海岸でとってくることが多いのですが、
今回のように岩に根付いているワカメを刈り採って食するのは最高です!

ぜひ、皆さんも加太に来て、新鮮なワカメをご賞味下さいね。
後編は「とれたてヒジキ」の料理です。




加太自然の郷リンクです
posted by なかむらきよふみ at 21:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

1月の加太

いつもありがとうございます。
今年に入って随分経ちましたが、
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

1月の加太は、南国和歌山とあってか、
太陽はキラキラと眩しいです。

澄んだ空気に海の青が綺麗に見え、
海面を踊る無数の光が、自然の癒しを与えてくれます。

2009012501.JPG

2009012502.jpg

2009012505.JPG

2009012506.JPG

2009012503.jpg

「D号地」と看板に書かれているこの斜面の土地は
現在売り出し中の「お勧めの土地」です。
斜面にある「上り台」に登ると、実際に家の
2階から見た景色が体感できます。

2009012504.JPG

広い土地です!
是非見に来てください。



次回は2月7日の夜の「夜磯」の風景をお届けします。
posted by なかむらきよふみ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。